本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/0516
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B30/カフェコアラ4/cafe4 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0516
(COA22094/Kumi Morita/morimori)  2013/10/25 13:27 2315回 
タイトル:大分市民健康づくり運動教室100達成記念講演会
このまま
会員として
会員として


大分市民健康づくり運動教室100達成記念講演会
平成25年10月23日(水)、ホルトホール大分 大ホールにて「大分市民健康づくり運動教室100達成記念講演会」が開催されました。
雨天にも関わらず多くの人が来場し、会場の前には開場前から長い列ができました。
中では、開場を目前にスタッフのみなさんが準備を進めています。みなさん、お揃いのハピネットくんポロシャツを着ています。 開場すると、参加者が続々と入ってきます。広い大ホールにも関わらず、あっという間に席が埋まっていきました。
受付では、100教室達成記念誌や大分健康新聞などの資料に加えて、大分トリニータのファイルが参加者全員に配られました。
本日の司会は、運動指導者養成講座 第一期生の馬庭さんです。 開会に先立ち、市歌斉唱です。
各健康教室の代表者100名が舞台に立ちました。
司会者の「みなさんもご一緒に!」との掛け声で、会場のみなさんも楽譜を見ながら一緒に歌いました。
そして開会です。開会の言葉は大分市民健康ネットワーク協議会 廣島副会長です。 続いて、大分市民健康ネットワーク協議会 松本悠輝会長からご挨拶です。
「運動教室100教室達成、おめでとうございます。また、運動指導者の皆さまには日頃の活動に深く感謝を申し上げたいと思います。
"健康づくりは幸せづくり""健康づくりはまちづくり"の実現のために、健康づくりの活動の輪を拡げていきましょう。そして運動を通して"絆づくり"をし、"からだの健康づくり"だけでなく、"こころの健康づくり"も同時にできる楽しい教室にしていきましょう。」

来賓挨拶では、釘宮磐大分市長より健康づくりと市が進めている政策についてお話がありました。

まず、現在大分市では医療費を含む社会保障関係費が大分市の歳出の1/4も占めていること、今後人口が減少し老年人口増加が進むと財政負担がますます大きくなることが説明されました。大分市の透析患者率は全国中核都市の中で第一位であるという話には、会場からどよめきが起こりました。

そして、この問題で特に注目すべきは生活習慣病であり、健康づくり運動教室は生活習慣病予防の重要な役割を担っていると市長は話します。市長が、自身も運動を続けることで生活習慣病を克服し血管年齢を30代まで若返らせた、というエピソードを披露すると、会場から拍手が沸き起こりました。

「ラジオ体操が全国的にブームになっていますが、大分市はそのメッカです。これから寒くなりますが、自分との闘いに勝ってがんばって続けてください。大分市でも、地域と行政の連携、市民の自助的な取組みの支援を行います。30年後、明るい大分市を目指しましょう。」と激励しました。 さらに、森林のセラピー効果を活かしたセラピーロードの整備、大分駅南北一体化による歩いて楽しみながら健康づくりができるまちづくりを進めていることを紹介し、「ワンコインバスで大分市街地に行き、まちを歩きましょう」と締めくくりました。
次に、来賓のみなさんのご紹介です。
左から釘宮磐大分市長、株式会社かんぽ生命保険大分支店長 原田氏、同じ株式会社かんぽ生命保険 西氏、大分市保健所次長 大木氏、大分市保健所次長兼健康課課長 後藤氏。
最後に、大分市民健康ネットワーク協議会植田事務局長のご挨拶で式典は終了しました。 続いては、お待ちかねの講演会です。NPO法人ラジオ体操連盟理事の長野信一先生が登壇し、「今でしょ!!ラジオ体操」をテーマに体操についての講演と実技指導が行われました。
講演会の冒頭ではまず、長野先生の掛け声で全員が立ち肩や腕を動かしたあと、隣の人にマッサージします。 反対を向いて交代です。 続いては、着席して指の運動です。
「茶壷」の掛け声で、手と頭の体操も行いました。 そして座ったままで全身を使った体操をしました。 1つ1つのポーズを確認したあと、音楽に合わせて会場全員で体操しました。会場からは自然と掛け声も出てきました。

「ポーズひとつひとつのねらいを考えて体操しましょう。また、体操は歩く運動と組み合わせると効果的です。そして "今でしょ!"、今日からしましょう。毎日体操を続けて、体操会で良い仲間を作って、健康になりましょう。」

約1時間のユーモアを交えた楽しいお話と実技指導に、時に笑いが、時に拍手が起き、会場は熱気に包まれました。

次はパネルディスカッションです。
大分市保健所次長 大木氏、大分市保健所次長兼健康課課長 後藤氏、大分市民健康づくり運動指導者協議会会長 福田氏より激励のエールをいただきました。
大分市保健所次長 大木氏
「全国1800の自治体のうち、このような活動を民間の力でやっているのは大分だけだと思います。将来、例え市長が変わっても、この活動は続いていくと思います。これからも元気に過ごしてください。」
大分市保健所次長兼健康課課長 後藤氏
「運動教室100達成おめでとうございます。この活動は民間主導だからこそ長続きしているのだと思います。全国のネットワーク教室や運動協議会で大分市のこの話をするととても羨ましがられます。保健所はこれからも応援します。健康のために末永く続けてください。」
大分市民健康づくり運動指導者協議会会長 福田氏
「市長は"協働のまちづくり""市民の健康づくり"を公約通り実現しました。私自身も毎日歩いており、地域が明るくなってきたことを感じています。これからも健康づくりとともに人づくりに務めていきたいです。」
最後に廣島副会長のあいさつで講演会は終了しました。
そしていよいよお楽しみ抽選会です。
景品と当選番号が次々と発表されました。 気になる景品は、りんご、柿、みかん、サツマイモ、かぼすなど地元で採れた旬の果物・野菜です。
大分市民健康ネットワーク協議会キャラクター・ハピネットくんのグッズや高崎山キャラクター・たかもんのグッズ、歌謡ショーのペアチケットなどもありました。
次から次に発表される景品に「まだあるの!?」と驚きと喜びの声が上がり、会場は大賑わいでした。 当選者には、出口で景品が手渡されました。
最後まで熱気を帯びたイベントとなりました。

 

大分市民健康づくり運動教室100達成記念講演会に参加した皆さん、ありがとうございました。
またスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

 

Reported by Itamura 2013/10/25
大分コアラ | 天神コアラ

尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/0516
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]