本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1942
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B20/カフェコアラ3/cafe3 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:1942
(COA01802/永野 美恵子 /Mie )  2010/05/16 08:43 1835回 
タイトル: 2010年5月14日:薔薇摘み
このまま
会員として
会員として



2010年5月14日:薔薇摘み
今年は、5月の中旬になっても、朝夕がひんやりしています。何か変な気候です。でも、季節の花は、時が来ると、美しい姿を見せてくれます。わが家の垣根の薔薇も美しく咲きました。今は亡き祖母の家の玄関先を飾っていた「おばあちゃんの薔薇」です。

Miss Paddingtonさんのお姉さまの家のアーチを飾る薔薇が今年も美しく咲きました。
道行く人も足を留める美しさです。
今年も薔薇摘みをしますよ、Miss Paddingtonさんに誘われて、春恒例の薔薇の花摘みにお姉さまの家に行きました。
この美しく咲き誇っている薔薇の花びらを摘むのは、ちょっと胸が痛みますが、散り果てる前に、その色と香りを留めておきたいという気持ちからです。
本当に美しい薔薇です。
薔薇摘みの前に、写真を写しました。今年も薔薇をたくさん下さいね。
朝夕が冷え込むからでしょうか?今年の薔薇は特に色が濃くて美しいと思います。
清楚な、真っ白の薔薇も咲いています。
私も記念写真を写してもらいます。
大きな紙袋に3杯、薔薇の花びらを摘みました。二人で半分ずつ持ち帰り、乾燥させることにしました。
乾燥したら、紅茶に混ぜて、薔薇の香りと色を紅茶に移し、楽しみます。
美しい薔薇をいただいて来ました。部屋一杯に薔薇の香りが広がります。
薔薇摘みの帰り道、薔薇ジャムっていうのもあるのよね。Miss Paddingtonさんの言葉に、花びらがたくさんある今、私は作ってみたくなりました。
早速、ネットで作り方を検索しました。

薔薇の花びらを100g、とてもたくさんです。レモン1個分の絞り汁で花びらをよくもみます。

絞った花びらに水100ccと、砂糖100gを加えて、コトコトグツグツと、20分煮ます。

その後、よく冷まします。1時間ほど経ったら、今度は花びらを絞った時の絞り汁を加えて、またグツグツコトコトと煮ます。私はここへ赤ワイン30ccを加えました。
少しトロリとしてきたら、火を止めて、きれいなガラス瓶に入れて、ふたをして冷まします。

ハイ、出来上がりました。
早速、翌朝の朝食のヨーグルトにかけて食べました。薔薇の香りがファッとして、おいしかったです。
午後、Miss Paddingtonさんに薔薇ジャムを持って行きました。彼女の一言で、作りたいとなった私、ジャムの出来はどうかしら?
Paddington Tea Roomは薔薇で一杯です。
早速紅茶に薔薇ジャムを浮かべて飲みました。熱い紅茶の中に入れると、より強く薔薇の香りが上がります。そして、おいしいです。Sri Lankaの紅茶ヌワラエリアによく合います。
今日は久し振りに千津子さんとはるみちゃんが遊びに来られて、記念写真。
私も一緒に記念写真です。千津子さん、ばら色のシャツとスカーフがとっても素敵です。私たちのお仲間の最高齢、とても元気でうれしいです。
ティーポットに活けられた薔薇から花びらをもらって、紅茶に浮かべてみました。薔薇の香りが匂いたち、とってもホッとするティータイムになりました。

美しい薔薇!私たちにたくさんの幸せをありがとう!
Mie

尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1942
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]