本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/190
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B20/カフェコアラ3/cafe3 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0190
(COA00004/尾野 徹 tooru@fat.coara.or.jp/tooru )  2005/08/05 19:29 15373回 
タイトル:朝ご飯です、2時間かけて!(スペインだよ〜)
このまま
会員として
会員として


朝ご飯です、2時間かけて!(スペインだよ〜)

本日の担当はライター・花田です。さぁ、朝です!戦闘開始!みんな、胃の状態は万全ですか〜〜? まずは、シニョールがパンを運んでくれます。焼きたてパンが5種類。マヨルカ島の白パンがとっても美味でしたわん。
山羊のチーズ。パンと一緒に。上にはハーブがかかってました。 そして、とっても衝撃だったのが、3種類のフレッシュジュース。ココナッツと、メロンと、グレープフルーツ。それぞれにミントなどのハーブが隠し味に使われていて、味に深みを増しているのです。美味〜!
私の一押しは、ココナッツのジュースです。 パンとジュースの次に出てきたのが、フルーツのバリエーション。イチゴとラズベリーソース、バナナとライムジュース、そしてまるで鶏卵素麺のようなこ〜い味のプリン。(ほとんどカスタード)
内装も素敵でしょ。もともと約1000年前にイベリア半島を制服したイスラム教徒によって作られたものなんですって。 私たちがレストランに行ったのは、8:30。でもまだ誰も起きてませんでした。
これは、卵料理のみのメニュー。卵料理だけでいろいろとあるんです。で、一応総てをしょっとずつ作ってもらうことにしました。 どう?きれいでしょ?内装は女性好みだわん。
あ、撮るなっつーの(笑) 厚切りのスモークサーモン。
平尾さんが絶賛したオリーブオイル。あとでホテルの庭を散歩したらオリーブの木がいっぱい。もしかして、ここで絞ってる フレッシュな味のオリーブ
さぁ、卵料理が続々と登場します。 オムレツを薄いハムの脂の幕で巻いて、上にハムを乗せた一品。美味!
カップの卵料理は、目にも新鮮でした。黒トリュフの味付けで、これって椎茸で応用できそう??? あ、だから撮るなってば〜!
このフライパン、なんだと思います?この中に伝票を入れて精算するんですって。なんだかしゃれてますよね〜。 う〜〜、食べた食べた。
13世紀に聖サンチャゴ騎士団に属していたベナスサ伯爵家の持ち物となって、それをそのまま客室にしたというホテル「エル・ブジ」。重厚さと、情熱的な色合いが見事にミックスしたホテルです。 中庭がホテルの中にいくつも点在しているのです。
尾野さんのお気に入りの一角。スパイシーな色合いが素敵。 中庭散策へGO!
今回の旅の道連れ。(右)伊佐さんと、(左)平尾さん。 あ、観光してます。
オレンジの庭。鈴なりのオレンジです。ライムかな?
いくつもの庭がつながって、ホテルを取り囲んでいます。
次は、どんな庭が待ってるのかな? ホテルの外は、けっこう荒れ地のよう。オリーブ畑がずっと広がっています。
ホテルには水辺がいくつも。
プールも。
オリーブの木には実が鈴なり。 おおおお、シエスタコーナー。木陰にいくつものベッドが。ああ、至福の時間が待っていそう。
この庭から、なんと尾野さんの部屋の庭に直接あがっていけるのです。
尾野さん曰く「まるで不思議の国のアリスの舞台だね」。
庭を区切るのは、塀と、垣根。 さぁ、そろそろ戻るかね。
中庭から居室スペースへ。 そして、朝からHP更新です。すごいね、スペインでもこんなことができるなんて!
ここはロビースペース。朝食だけで2時間。散歩も入れて、3時間。午前中が終わってしまいました。
HP更新が終わったのは、正午です。ああ、もう昼食食べなきゃ。????こわ〜〜〜。
スペイン食探検 2005年8月4日〜11日
セビリヤのエル・ブジホテル編
(1)スペインにやってきました、24時間以上かけて セビリヤにいきなり。
(2)朝ご飯です、2時間かけて!(スペインだよ〜) ← あの有名なエル・ブジの、ホテル朝食です。
(3) エル・ブジのホテル、、、イケメンさんが多い?
(4) セビリヤは、馬車でお散歩がよく似合う? 
(5)エルブジのホテルで、エルブジレストランのヒット作アラカルトを楽しむ ← 食通必見


ガルシアの料理人nove(ノベ)グループを訪ねて
(6)ガルシア地方のNOVEというシェフ・グループを訪ねて!(その1)
(7)VOVEグループのリーダの一人、PEPEのSOLLAレストランで食事(その2)
(8)noveグループのもう一人のリーダ、MARCELOはサンチャゴ・コンポステラ(その3) 
(9)サンティアゴ・デ・コンポステラの礼拝を見て(その4) 
(10)ア・コルーニャのレストランDOMUSを訪ねる(その5)
(11)noveグループのPEPE VIERAを訪ねる(その6) 


最後はスペインリゾート観光をちょこっと
(12) コスタ・デ・ソル(太陽の海岸)の地中海を見下ろす白い村ミハス 
(13)コスタ・デ・ソルのマルベーリャ近郊プエルト・バヌース(puerto Banus)は大金持ちリゾートエリア
(14)コスタ・デ・ソルのマルベーリャは、白い街って感じ
(15)バルセロナはやはりガウディが人を呼ぶ!文化が人を呼ぶ!


尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/190
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]