本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/0863
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B20/カフェコアラ3/cafe3 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0863
(COA22080/三宮直子/)  2006/12/01 19:19 3183回 
タイトル:2006年11月30日 道守大分会議意見交換会
このまま
会員として
会員として




道守大分会議意見交換会 



 11月30日(木)、大分河川国道事務所にて道守大分会議意見交換会が開催され、NPO観光コアラから代表の尾野と三宮が参加しました。  道守大分会議代表世話人・である桑野和泉氏は、「大分の道守たちが去年の別府会議以来、一年ぶりに揃いました!またこうして皆さんとお逢できて本当に嬉しいです!」と挨拶。  つづいて、国土交通省大分所長西尾崇氏は、「皆さんが道守の活動を通して日頃感じていること、また困っていることをどうぞ今日は率直に聞かせてください!熱く語り合いましょう!」と頼もしい挨拶。
 司会を務める大分河川国道事務所・調査第二課の吉川さん。資料の手配など裏方に徹しています。  さっそく、新事務局長・木ノ下結理さんより10月に開催された九州会議「みちづくし in 長崎」の報告がされました。「みなさん、お手元の資料をご覧ください」と木ノ下さん。写真右側は、前事務局の原さん  配布された資料は写真付きでカラフル。目を通すNPO観光コアラの尾野。
 写真左から:国土交通省佐伯所長児玉さん、大分県道路整備促進室長・町田さん、大分県道路課補佐・安東さん
 そしていよいよ意見交換会。道を愛する道守たちが、一年間のそれぞれの活動状況を順に報告していきました。  写真右から:道守大分会議世話人の平田さんイオン九州潟Wャスコパークプレイス大分店)と堀さん(「中九州横断道路」早期完成を願う女性の会)、宮成さん(おおの女性の会)、冨高さん(蒲江道づくりを考える女性の会)。
 わがNPO観光コアラの活動報告をする尾野(写真左)。 今年11月に総務省の委託事業で大分市と連携して立ち上げた【大分市SNS】や、まち歩きをしながら動画や音声で観光情報を得られるシステムづくりに取組んでいる【別府温泉路地裏まちナビ】、大分市民の健康のお手伝いをする大分市民健康ネットワーク協議会の三つの活動について話し、「大分って歩くとこんなに楽しいところだよ!ということを他にアピールしていきたいですね!」とまとめました。  (写真右)九州会議でも報告を行なった北中・天神小杉ボランティアの岡本さん。  
また、バリアフリーの町づくりに取組んでいる、自立支援センターおおいた河野さん(手前)は、「施設整備が難しいのであれば、少しの人の思いやり、人の手によってバリアを取り除けないか」など意見が出されました。
 写真左から、高山さん(環境カウンセラー)、倉堀さんマイツリー)、友岡さん(蒲F岡組)、小野さん(野村建設梶j。
 報告の中で多かったのは、“活動資金に苦労している”という意見。内容に真剣に耳をかたむける西尾所長、桑野さん、道守世話人の田中さん(左)   報告会の後は、フリートーク。  およそ2時間にわたる意見交換会は、他の活動状況をを知り、また新たな活動のヒントを得る貴重な会となりました。

交流会 

 報告会の後は交流会。乾杯は、道守大分会議・世話人であるデウスクラブの藤澤さん  なんと、「蒲江道づくりを考える女性の会」は、早朝から作ったという地元の郷土料理を持ってきてくれていました。手料理が並び、交流会はあったかい雰囲気に。

 “手料理うれしいなぁ、皆さん次回から持ち込み料理大歓迎ですよ!”とすかさず西尾所長(写真左)。あちこちから笑い声が聞こえる楽しい交流会になりました。私が道守会議に参加したのは今回で3度目ですが、「道」が繋がっていくように、こうしてまずは人の輪をしっかりとつなげていくことが道守活動の大切な一歩だと感じます。


2006/11/30 reported by   naoco sannomiya.
 
     
     

尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/0863
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]