本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/0665
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B20/カフェコアラ3/cafe3 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0665
(COA22284/山口千花/)  2006/07/07 12:48 1913回 
タイトル:KIC2006kyushu ICT-Media Collaboration2006〜ネット時代の情報発信スタイル〜
1 2
このまま
会員として
会員として


タイトル
NTTyumetenjin

KIC2006にメイン会場のNTT夢天神ホールで参加してきました。

プログラム1「ICTと地上デジタル放送で変わるこれからの地域と暮らし」〜ユビキタスネット社会を目指して〜
プログラム2「ICTがデザインする地域社会」〜「人」「モノ」「夢」をつなぐICT

aisatu kaijyou paneltalk
ところで、だいたいICTってなんだ?と思い、IT業界に入ったがまだまだ勉強不足の私は調べました。
私のような方のために、一応。
ICT:Information and Communication Technologyの略で、情報通信技術を表す言葉。
それでもって、ユビキタスって?「ubiquitous:ラテン語で、いたるところに存在する(遍在)という意味。情報ネットワークに、誰でも、いつでも、どこからでもアクセスできる環境」 左から高橋さん(NHK福岡放送局技術部)
★大西さん★(株式会社コアラ・エディター)
金さん(株式会社三神ソフト:韓国のICT企業)
oonishi paneltalk2 keitai
プログラム1のトークショーに、我がコアラの大西さんが登場。
真ん中に紅一点って感じで、ステキー☆
私の方がなぜかドキドキ、ワクワク。
2011年の7/24までに地上デジタル放送に移行する。
デジタル放送になると、良いことは映像・音声が綺麗な事と、情報量が増える事らしい。
たしかに、デモンストレーションでワンセグ携帯を実際に使ってみたが、映像がすごく鮮明・・これは欲しい!
これで仕事中にこっそりトイレでテレビを見ることも出来ちゃうわけだな・・。
keitaidemo

ワンセグ携帯を展示してるところは、黒山の人だかり。

ICTと放送が手を組むことで、ワンセグ携帯(移動しながらテレビが見れる携帯電話)にみられるように
TVの視聴スタイルが変化し、双方向サービスになり、信頼できる上質な情報が必要になるだろうというお話でした。
なるほどね・・ところで、ちょっとこれはビジネスチャンスなんじゃないの?!
なんて思ったりもする私でした。

sateraito program2 paneler
プログラム2では6人の方がサテライトで長崎、宮崎、鹿児島を結んでのセッションでした。 コーディネーター:吉田さん(九州工業大学情報工学部知能情報工学科助教授)

パネリスト:帆足さん(西日本リビング新聞社)
北辻さん(NiCT九州リサーチセンター拠点研究員)寺島さん(博多織工業組合理事長)
糸屋さん(有限会社イーズワークス代表取締役社長)
新福さん(有限会社新福青果代表取締役社長)升屋さん(鹿児島大学学術情報基盤センター助教授)
shinpuku 六者六様?の業種の方々がICTと自分の仕事とも関わりについての話でした。
個人的には農業にITを活用している新福さんの話はとくに興味深かったです。
農業をする人が減少傾向にある昨今、昔からの人の技の継承の為、
タブレットという物をつくりデータベース化することで技術の共通化・標準化を図ることに成功。
安心で簡単に仕事が出来る。こんな風にも、ICTって利用できるんだなって思いました。
なにも、「ドラえもん」や「Matrix」みたいになる事だけじゃないんだな・・・と。
12

やはり、人と人がつながりが大事なのだろう。
技や技術や生産物、コンテンツ、そして夢を「伝える・つながる・支える」
ための手助けをICTがしていく形に魅力を感じました。

とにかく、今回のようなイベントに参加できたことはとても嬉しいです。
色々と勉強になりました。また、なにかあったらドンドン参加したいな・・。


001 (COA19829/藥師寺/) 2006/07/10 01:33 参照:2152回
タイトル: 地上波デジタル

視聴者にとって明確なメリットが見出せない地上波デジタル放送。
綺麗な映像をそんなに望んでいますか?
高いお金を払ってテレビを入れ換えるほど、双方向放送に魅力はあるの?
販売店にとっては入れ換え需要があるのでしょうが、
業界の内外で既に2011年に完全移行するのは無理では無いかという声が
で始めているようです。
当方ではその年を我が家からTVが消える年と位置づけています。

また、家電業界が独自にこの7月7日にデジタルテレビ向けのポータルサイトを
運営する「テレビポータルサービス」を立ち上げ、ネット配信のデジタル
放送を始めるらしいというのは少し気になりますね。

ユビキタスについても最近、
ネット利用者は携帯電話を使っての人の方がPCを利用しての人を越えたようです。
無線LANはどこにあるのかも分からない状況はここ数年変わらないし、明らかに
ノートPCは気軽に持ち運べる物では無いですしね。
携帯電話の一人勝ちかもです。

お財布携帯やTVパソコンみたいなゲテモノはごめんですけどね。

002 (COA19829/藥師寺/) 2006/07/10 14:22 参照:2451回
タイトル: 裏話なのか?

2003年の記事なので現状とはずれているかもしれませんが、
地上波デジタル放送に付いては、
「地上デジタル放送現行計画「すでに破綻」の決定的な理由10」
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/digital/hatan.html
が詳しいでしょう。

デジタル放送の過去、現状に付いては
もとマイクロソフトの古川享さんのブログが読みごたえあります。
http://furukawablog.spaces.msn.com/
放送関係以外の話も面白いですが、業界裏話とか結構恐い話もあります。

尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/0665
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]