本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/0560
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B20/カフェコアラ3/cafe3 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0560
(COA22018/coarastaff/)  2006/04/28 15:51 8096回 
タイトル:メルヘン号「くじゅう高原満喫コース」で春を楽しんでみませんか?
このまま
会員として
会員として


■メルヘン号「くじゅう高原満喫コース」で春を楽しんでみませんか?■
普段なかなか、定期観光バスに乗る機会のなかった私ですが、今回はメルヘン号で行く「くじゅう高原満喫コース」に参加しました。
別府駅から出発し、 別府駅北浜バスセンター、杉の井ホテル、鉄輪待合所、由布院駅前バスセンターを経由した後、男池長者原遊歩道くじゅう花公園九酔渓を巡って帰るコースです。
いつもは自分が車を運転して出かけているので、バスに乗ってお出かけなんて久しぶりでした。
由布院ワイナリーに到着。こちらは本来のコースには入っていないのですが、男池周辺は道路工事中で大型バスは入れないため、今回はこちらにやってきました。(工事は5月いっぱいかかるとのこと) こちらはワイナリーにあるショップです。ワインはもちろんのこと、ワイナリーオリジナルのサラミや、ワイングッズなどを販売しています。
美味しそうなワインがこんなにたくさん並んでます。う〜ん、美味しそうな色です。買ってしまおうかなあ。というか、今飲みたい。 今飲みたい!という方にはこちらで100円から試飲ができますよ。車を運転すると飲めないけど、バスだから飲めるんですよね〜。
次は長者原遊歩道を散策。実はこの日は天気予報で雨の予報が出ていたのですが、こんなに良いお天気になりました。

長者原ビジターセンター。ここからも三俣山がよく見えます。今日は雲も晴れて、山が頭までしっかり見えてます。

長者原ビジターセンターの中からも、のんびりと山を見ることができるようになっているんですよ。ここなら冬の寒い日でも大丈夫。 タデ原湿原やくじゅうの自然に生息する動物や植物に関する資料がたくさんあり、自然の美しさや大切さについて学ぶことができます。
上を見上げるとこんなものがありました。食物連鎖の様子が一目でわかりますね。 お昼になるともうお腹がすいてグーグーいってるよー。くじゅう西鉄ホテル花山酔でお昼をいただきます。
明るい日差しの入る食堂に、もうお料理が準備されていました。あとは座ればいいだけなんて幸せ。 ご馳走が私を待っていました。うれしい!これ全部1人で食べていんですよね!いただきます〜!!
だんご汁をすすりつつ、笑顔の私。だって美味しいんだもん。こんなにご馳走ばっかりでいいのかな。 希望の方はお食事の後に、お風呂に入ることができます。大自然を眺めることができる露天風呂はオススメ。タオルは貸してもらえます。
お腹一杯になって、バスでうとうとしている間(一番気持ち良いですよね)に、くじゅう花公園に到着です。 中は春の花がいっぱいに咲いて、まるで絨毯の様です。そういえば眠かったんだなぁ。ゴロゴロってしたい。
 
黄色、ピンクに橙色など、たくさんの色と形の鮮やかなチューリップが咲いています。花公園では今、チューリップが見頃となっています。ゴールデンウィークまで、楽しめるということなので、ぜひ足を運んでみてください。
薔薇のように咲いていますが、これもチューリップ。チューリップってユリ科なんだそうです。 花公園では、咲いているのと同じ球根や、珍しい球根を予約して買うことができます。
これはラムズイヤー。『羊の耳』っていうんです。このはっぱに触ってみれば、名前の意味に納得してしまいますよ。 階段にもこもことある緑の絨毯は、カモミール。踏むとりんごの匂いがします。でも踏むときは優しく踏んであげてくださいね。
寄せ植えされた花畑は、色合いも自然でのんびりと散策したくなります。いろんな種類がなにげなく植えられているようですが、よく見ると隣に同じ物がこないように植えられているんです。

今日も花公園の花たちが、元気で綺麗な姿を見せてくれるのは、こうして毎日世話をしてくれる職員の皆さんのおかげですね。

私たちが行った時はちょうどチューリップフェスティバルの真っ最中だったので、スタッフの田中さん(通称:ともちゃん)が丁寧に花の説明をしてくれました。

いろんな話が聞けて、楽しかったです、ありがとうございました!

花公園では、4月29日(日)〜5月7日(日)にカントリーガーデンフェアが始まり、フェアの間、園芸スタッフの方がガイドをしてくれますよ。

 
花公園を後にし、次に来たのは鳴子川渓谷に建設途中の大吊橋。こちらはツアーにはないコースですが、許可をいただき見に来ることができました。 今かかっているのはキャットウォークという作業用の橋(?)で、実際私たちが歩くことになるのはこっち。これから組んでいく作業になるそうです。

秋完成の予定となってます。
完成と同時に、今後こちらの吊橋もメルヘン号のコースに入る予定です。

九重町の新しい観光名所の完成が待ち遠しいですね。長さは390メートルだそうです。これも、もちろん日本一。

この吊橋は現在、みんなに親しんでもらえる名称を募集しています。豪華賞品が用意されているので、ふるって応募してみてくださいね。


九重町『大吊橋』名称募集要項(詳細はこちら

下が覗けるようになってます。高さ173メートル(日本一)ってどんな高さでしょうね?

帰りは九酔渓を通り、景色を堪能しました。
バスの中では最初から最後まで、ガイドの吉良さんの楽しいお話で盛り上がっていました。

いろんなお話が聞けて、思い出に残るバスツアーとなりました。

メルヘン号「くじゅう高原満喫コース」
<運行期間>4月1日〜11月30日
<予約お問い合わせ>
亀の井バス
別府営業所           TEL:0977-23-0141
由布院駅前バスセンター  TEL:0977-84-3145

料金表
高校生以上
中学生
※小 人
別府〜別府
6,800
6,550
3,400
別府〜湯布院
6,200
5,950
3,100
湯布院〜湯布院
5,300
5,050
2,650

※小人の食事はお子様ランチとなります。
2006・04・26 KAWANO

尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/0560
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]