本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110010/0831
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B10/カフェコアラ2/cafe2 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0831
(COA00004/尾野 徹 tooru@fat.coara.or.jp/tooru )  2004/02/01 15:47 4842回 
タイトル:べつだいウォーク2004に行ってきた。
1
このまま
会員として
会員として


べつだいウォーク2004に行ってきた。                                
2004年2月1日、別大国道が(一部だけど)6車線化されましたね。
今日はその記念イベント。駐車場はいっぱいだし、集まってこられている人もいっぱい!すごい!
田ノ浦の特設会場で開会式。よく集まってる!
国土交通省大分河川国道事務所の大塚所長がこれまでの経緯を含めて挨拶。
釘宮大分市長、浜田別府市長も挨拶。
別大国道は大動脈だ、、、とおっしゃってましたが、確かにもの心ついたときからこの道路はあ
らゆるところで私達の心に刻み込まれている。
ここをチンチン電車でおばあちゃんに連れられて別府に行くことが楽しみだった幼児期。
少し年上の友人に連れられて自宅からこの田ノ浦まで歩いたことがあって、初超長距離歩きに泣きそうになった小学校の頃。
写真の向こうに見える仏崎で、台風で同級生が土砂崩れにあってしまい悲しい結果になった高校時代。。。。
そんなことを思い出してたら、なんと、昔の写真を展示してあったりして。
今日は暖かかったけど、ちゃんとストーブも用意してあった。
釘宮市長と大塚所長。釘宮市長の足はちゃんと運動靴、歩く準備万端。
子供達向けの落書きボードはすでにもう満杯に書き込まれてた。
落書きの中にアンパンマンが多かったけど、目の前にこういうものがあるものね。
スタート地点では、NPO観光コアラとして門脇君や林さんがカメラ、ビデオ、を、持っていた。もちろんいろいろと撮影。
まだまだ集まってくる方々に、事務局として
「すみません、もう用紙が無いのですよ。そのまま歩いてもらえますか」と麻生さん一生懸命謝りながら説明してた。
大繁盛いいことです。子供達も楽しそう!
さぁて、みんな軽快に歩いてますけど、この歩道、えらい色が鮮やかですね。
「尾野さ〜ん」と呼びかける人がいて振り返ったら、青木さんがいた。一番右端の写真の真ん中の人。
実は彼がこの歩道を設計したらしい。別府市役所と大分市役所を水面上で直線で結び、その中心にポトリとものを落としたとしたら、
そこから波紋が広がる、、、その波紋を10m間隔で切り取ってつくった線、、、その線の間にブラジルとか外国並みに色づけしてみ
た、、と彼は説明してた。
なんか、暖かくってもう春のような気分。
小さな子供達を連れて歩いている人が多いのはわかるような気がする。
そういえば、別府大分間の高速道路の開通前の歩き大会は、ボクも小さかった子供と一緒に歩いたし。
千人鍋、あんぱんまん、子供達がしっかり集まってくる。歩道橋もなんかスロープがゆったりで優しいよ。
別大マラソン前々夜、やはりNPO観
光コアラの杉さん、招待選手にイ
ンタビュ−
してた。


マラソンの流川通り交差点付近
は門脇君のレポートをどうぞ。

道路が広くなってマラソンがやり易い?!
別大マラソンの日だしね。ほら、ヘリコプターが向こうに超低空飛行したりしてる。
また、テレビカメラの仮設台があって、それらしい雰囲気がべつだいウォークを盛り上げてる。
それにしても片側三車線ってのは広いですねぇ。
昔、昔、なんとか一車線から二車線にしてもらうのにたいへん苦労した時期があったのだけど。
そうそう、その二車線化のために広かった歩道を削ってしまったんですよ。それが元以上に広くなった。


 実は、十数年前、大分経済同友会で「別府湾みらい21委員会」というのがあって、そこで大分は別府湾を
中心に様々なことを考えていこう、経済的にも文化的にも。。。。
 そのためにはその動脈である別大国道をしっかり整備してもらえるよう運動しよう、。。。と、頑張ったり。

 そこで平成5年4月に発表した提言書「
別府湾岸に21世紀の新産業構造ビジョンを持とう」を懐かしく
思い出してしまった。その提言書を活かしてハイパーネットワーク社会研究所の創設をリードしたんだけど。
だから、「ハイパーネットワーク別府湾会議」、なども実現できた。ある意味で別府湾がエネルギーだったし、
その大動脈がじょじょに形作られていくのはウレシイ。

 来年にはこの六車線化が大分から高崎山まで完成しますが、拡幅の一番の難しい場所は高崎山から別
府市入り口までの部分。海底が急勾配すぎてたいへん難しいらしい。
 しかし、皆で全線六車線化に向けてしっかり運動していきたいところ。

NPO観光コアラとして林さんや門脇君が別にレポートしてくれるでしょうが、まず速報。

001 (COA20351/林裕子/) 2004/02/01 19:13 参照:4953回
タイトル: こっちも早い!!

取材に行ってウォークの動画撮影をしていたら
前から知った顔がもう一人…社長でした(^^)
楽しそうに歩いていましたね!

歩けば歩くほどお腹が引っ込むかも。
お腹の出ている林と一緒に歩きます??






尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110010/0831
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]