本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110000/1212
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B00/カフェコアラ/cafe ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:1212
(COA00004/尾野 徹 tooru@fat.coara.or.jp/tooru )  2002/11/19 05:55 7776回 
タイトル:やってきました、自由視点三次元映像実験
1 2
このまま
会員として
会員として


今年もやってきました、自由視点三次元映像実験

トリニータのおかげでまったく身近な施設になったビッグアイ、今年も総務省の助成をいただいた実験がここで一週間に期間で始まりました。 先ずはその打合会。
日曜の夜、19時集合で一週間のスケジュールや作業分担の大まかな打ち合わせが行われました。

手前は、筑波大学の大田先生。
実験をリードしていただいています。
DSCF0167 DSCF0141
今年は、初の女子学生の参加があっています。真ん中の慶応大学斉藤先生、のクラスのマスター1年生の女子学生さん達です。 打ち合わせの後は食事。

日曜の20時過ぎに「20人入れる」処を突然探すわけですから、毎回、これもたいへん。
DSCF0142 DSCF0156
で、大田先生は、このグラスごと凍っているビールが嬉しそう。。。 大分の魚と、、、ビールの後はむぎ焼酎で、、、
DSCF0154 DSCF0157
学生さん達もワンワン食べてます。

皆さんアルコールの中で、ウーロン茶は1人。オレンジジュース1人。もう一つカルピスなんとか、が一人。
後は総てアルコール。
食べた食べた、、、
DSCF0153 DSCF0158
はい、翌朝、月曜の8:30。
ビッグアイの準備室です。
左から大田先生、北原さん(筑波大学)、大城さん(大分大学)。

今回は、北原さんが積極的に陣頭指揮をとって学生さんを導きます。
DSCF0168 DSCF0166
無線装置をテストして、、、 だって、数えたら30人以上集まってますから、、、大人数の実験です。
DSCF0172 DSCF0170
皆さん、個別に責任範囲があって、設置から稼働まで頑張ります。 会場には、イーサケーブルや光ファイバーなど、既にどんどん持ち込まれていて、工事着手準備中。
DSCF0173 DSCF0178
ということでビッグアイの中を歩いていたら、託児所があった。 なかは、こんなになっている。

水谷さん、知ってた?
DSCF0175 DSCF0176
 さて、コンテナで筑波大学から機材が持ち込まれます。 中にはぎっしり。。。。。
DSCF0185 DSCF0181
高価なカメラやなにやかや、、、 さーて、設営に1日半ほどかかりそうですが、、、
DSCF0182 DSCF0169
 今回は、左図(クリックすれば大きくなります)のように、会場から、情報科学高校まで無線で飛ばし、情報科学〜ハイパー研までは豊の国ネット、更に、そこからは総務省JGN(研究開発用ギガビットネット)を通して筑波大学まで接続し、様々な試みがなされます。

 昨日、プレス向けに案内も出しました。

 どうです、皆さん、面白いですよ。。。

総務省地域提案型研究開発制度による研究

「自由視点三次元映像スタジアム研究の
   ビッグアイでのデータ取得の実験作業」のご案内

 平成14年度 総務省「地域提案型研究」事業にて助成いただいている本研究(技術政策課より約25百万円、4年間で総額約1億円)のデータ取得実験を下記日時にて行います。
  どうか、皆様の取材など、よろしくお願いいたします。

                       平成14年11月18日      
                            (財)ハイパーネットワーク社会研究所
                                tel097-537-8180
自由視点三次元映像スタジアム研究チーム

説明日時:平成14年11月21日(木)13時30分より開始
実験会場:スポパーク21 ビッグアイ
集合場所:ギャラリー(西口・1F)

 本実験は、平成11年度からスタートして4年目を迎えております。

 研究・実験のねらいは、
(1)   超大空間での実イベントを(カメラを設置していない位置からも)自由な視点で見ることができる。(画像を見るのは当面、テレビのように平面ディスプレイ再生です)。
(2)   更に、ネットワーク経由で遠隔地から「現実空間を自由な視点で見る」通信実験を行う。

 ということであり、今回は11月18日に機材持ち込み開始し、22日までの期間、実験を行います。

ハイパーネットワーク社会研究所のみならず、筑波大学、慶応大学、大分大学、竹中工務店などから総勢三十名程の研究スタッフで、多数のカメラやPCを設置する大がかりな実験です。
◎ビッグアイと筑波の総務省通信・放送機構ギガビットラボを高速ネットワークで接続して実験の一部として画像再生を試みます。
◎また、更に自由度の高い自由視点映像再生のデモンストレーション(研究開発中の先端技術で作成)も、会場で実施します。
本技術を使った様々な用途で使える「自由視点スタジオ」を実現できないか、研究したい。

 等と考えております。
 以上です。よろしくお願いいたします。

○ タイムスケジュール

13:30〜14:00  プレス発表(1F ギャラリー)
14:00〜14:30  デモンストレーション(3F メインスタンド会場)

14:30〜15:00  撮影現場の機材見学ツアー(スタジアム内)


001 (COA02515/水谷美保/みぽり ) 2002/11/20 14:26 参照:9136回
タイトル: 自由視点三次元映像スタジアム研究(取材;橋本ゆかり、代理投稿;水谷)


ビッグアイ、自由視点三次元映像実験の現場から

 今年で4年目をむかえる「仮想化現実技術による自由視点3次元映像スタジアム通信の実証実験」。

 2000年までは、別府ビーコンプラザにて行われていましたが、ビッグアイ完成にあたり2002年の今年からはこの巨大空間にて実証実験が行われています。(2002年1月の実験のもようはこちらから)
 
 この実験は、ドームのような大空間で行われているサッカーやフットボールのような実イベントを、多数のカメラとパソコンを 使って撮影し、取得した映像データをリアルタイムで起算解析・加工して三次元動画の映像として自由な視点から見ることが出来る技術のことで、平成11年度からスタートした研究実験です。

 今回は、ハイパーネットワーク社会研究所、筑波大学、慶応義塾大学、大分大学、 竹中工務店などから総勢三十名程のスタッフ、そして20日には、アメリカ・ カーネギーメロン大学のロボティスク研究所・金出 武雄教授が駆けつけての実験作業を行うことになります。

 今回の実験内容は、
 ●大空間でいろんな固定カメラから自由な視点で見ることができる実験
 ●ビッグアイからの映像をギガビットネットワーク経由で中継する実験
 を行う予定です。

 ビッグアイ、この巨大空間は圧巻ものです。
 

 筑波大学の大田友一教授。

 この夏には、コアラ尾野社長と供に、米国サンアントニオで開催されたCGの祭典SIGGRAPHへ視察に行かれてきたばかり。(レポートはここから

 大分へ学生さんを動員されての実験も、もう慣れてこられたようで利便性の高いホテルまでよく御存知。

 

 

 右から慶応義塾大学 斎藤 英雄 助教授と学生さん達。
 ズラリ並んだパソコンと膨大な数の配線が、実験の規模をモノガタっております。

 午前の予定は、カメラとネットワークの調整。
 寒い中、朝から防寒厚着で作業される筑波大学の北原さん。

 ドームの梁に設置されたカメラの露よけにオレンジ色テントがかけられています。 
 このテントの下にカメラがぶら下がっています。
 
 実験開始を前に、ヘルメットをかぶり命綱をつけた方々がテントを取り除きにむかいます。
 特殊カメラも視点別に取り付け方が違います。
 カメラが汚れないようにカメラをガードして固定されていました。
 手すりに装着しているカメラもあれば、三脚にカメラが固定されていのものも。
 パソコンを見ながらカメラの色や角度の調整中。
 カメラからの映像がパソコンにリアルタイムで流れてきてます。
 こちらは赤外線の光通信用の装置です。
 裏をのぞいてみると、「レーザー注意」のシールが・・・!あまりのぞくと目に悪いようですね。

 この実験は、映像に影が入ってしまうと後の処理作業がやりにくくなってしまうということで、陽の高い15時ぐらいから実験をスタートするとのこと。

 こまかな配慮が必要のようですね。

 スタジアムでの本実験、非常に夢ある先進的かつ先鋭的実験です。ご興味のある方は、ぜひ見学に訪れてみてください。

「ビッグアイでのデータ取得の実験作業」のご案内

 説明日時:平成14年11月21日(木)13時30分より開始
 実験会場:スポパーク21 ビッグアイ
 集合場所:ギャラリー(西口・1F)

  13:30〜14:00  プレス発表(1F ギャラリー)
  14:00〜14:30  デモンストレーション(3F メインスタンド会場)
  14:30〜15:00  撮影現場の機材見学ツアー(スタジアム内)


Reported by yukari hashimoto 2002/11/19

002 (COA00004/尾野 徹 tooru@fat.coara.or.jp/tooru ) 2002/11/21 07:50 参照:9168回
タイトル: 今日実験なんだけど、雨降りそうですねぇ

雨降っても屋根があるからいいじゃない、と思ってたら、
スポパークからは、屋根は閉めません、と、いうことだった。
困ったな、1億円掛けた4年間の実験の最後の2時間が
雨だと、なんのことだか、、、うーん、、、
 というぐあいにいろいろありますけど。


尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110000/1212
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]