本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110000/0654
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B00/カフェコアラ/cafe ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0654
(COA13083/門脇邦明/ぱんにゃ)  2002/06/10 22:36 5604回 
タイトル:ベルギーチュニジア戦にいってきました。
このまま
会員として
会員として


ベルギーチュニジア戦にいってきました。


写真はクリックすると拡大します


[P6100004.JPG]
我が家は高城駅のそば。ビックアイへは高城駅からです。
[P6100006.JPG]お、早速シャトルバスが197号線側に待っています。 [P6100007.JPG]シャトルバス前では、読売新聞の号外。記事的にはあたらしくないのが難点。だけど、なんとなくうれしい。
[P6100012.JPG]ビッグアイからかなり離れたパークプレイスの臨時駐車場に到着。うーん、遠い。けど、タダだからしょうがないか。 [P6100013.JPG]パークプレイスにも、ワールドカップ観戦に訪れた方がいっぱい。 [P6100016.JPG]こんなストリートパフォーマンスも。
[P6100019.JPG]ビッグアイに行く前に腹ごしらえ。発泡酒はジャスコで調達。我ながらせこい。 [P6100020.JPG]お、ストリートミュージシャンも・・・。いい雰囲気です。 [P6100022.JPG]でも、その横には警官が物々しく見張っています。どうも香川県警とワッペンに書いてあったような気がします。ご苦労様です。
[P6100023.JPG]いつの間にか雨が降り出し、ジャスコで慌てて折り畳み傘をゲットして、ビックアイへ向かいます。 [P6100029.JPG]一つ階段を上がった先が、ボディーチェックのゲート。携帯電話や財布などは全部、他の袋に入れて、くまなく調べたら、最後にボディーチェック。かなり念入りに行なわれます。 [P6100031.JPG]そこをくぐると、階段の前には警察官がジグザグにならび警備をしています。そこをなぜかビクビクしながらすり抜ける、私です。
[P6100033.JPG]スタンドに到着。
まだ時間が早いためにビッグアイはがらがらです。
[P6100034.JPG]われわれの席はベルギー側のゴール裏。ということで、ベルギー人だらけ。・・・で、ここから記念撮影モードに突入。 [P6100035.JPG]ベルギー人はなかなか声をかけてきませんが、コチラから声をかけると皆一様に素敵な笑顔を返してくれます。
[P6100040.JPG]ついに、スタンド最前列に居座っていたサポーターの方にまでいっちゃいました。 [P6100041.JPG]ベルギーといえば、赤い悪魔。
赤い角と、この槍(?)がトレードマーク。
[P6100046.JPG]と、大声で歌を歌いながら、ベルギーの大応援団到着です。私には振り向きもしませんが、女性には気軽に声をかけてくれます。
[P6100047.JPG]ベルギー人と触れ合って、無茶無茶うれしそうな妻です。 [P6100052.JPG]ビールの発売は試合90分前から。みんなで売店の前でカウントダウンして、公式スポンサーのバドワイザーをゲット。
やっぱり、スタジアムはビールがないと盛り上がりませんよね。
[P6100071.JPG]で、我がシートの前は一面赤に包まれたベルギー人。みんなカメラを向けると気さくに手を振ってくれます。
[P6100072.JPG]こんな方たちも [P6100078.JPG]私のシートからの風景。 [P6100079.JPG]お、練習も始まりました。
[P6100080.JPG]お客さんも増えてきてほぼ満席。 [P6100083.JPG]先ほどまで降っていた雨も上がり、ビッグアイの目が、開き始めました。やっぱり、スタジアムは空があるほうがいいですね。 [P6100085.JPG]試合開始。
ベルギー人の応援も力が入ります。こうなったら、ベルギーの応援をせざるを得ない状況。

ベルギーがんばれ!
[P6100096.JPG]ベルギー、先制したものの、この写真のフリーキックで同点に追いつかれます。
スタンドからはため息・・・。
[P6100097.JPG]お、前のベルギー人ってば、頭にタオルを巻いている。どこの旅館のタオルかと思えば・・・「竹瓦砂湯」

別府ファンの私にとっては嬉しい限り。
[P6100103.JPG]同点のまま、ハーフタイムへ。

おやおや、ベルギーのお姉さんたちがサーっカーボール柄のビーチボールを膨らせたと思えば・・・。みんなでビーチボールを打ち合って楽しんでいますよ。

時々弁当を食べている人の頭に落ちてきたりしますけど、みんな笑ってます。なんだかなんだか楽しいハーフタイムでした。
[P6100113.JPG]で、試合のほうはというと、このまま引き分けのまま終わり。

試合内容としてはいまいちだったような気がしますが、周りのベルギー人のおかげで楽しく試合観戦が出来たのでした。

みんな、階段を下って家路へ急ぎます。
[P6100114.JPG]そのまま、バスを降りたパークプレイスの臨時駐車場まで30分ほどかけて戻り、高城駅に戻ったのでした。  


今回の席がベルギー人応援団の真後ろだったということもあり、たくさんのベルギーの方と触れ合うことが出来た、ベルギーチュニジア戦。誰とでも話が出来るこの雰囲気こそが、ワールドカップなのですね。

次回は、イタリア・メキシコ戦。ぜひ、チケットをゲットして再びスタジアムに行きたいと心に決めたのでした。


by K_Kadowaki


尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110000/0654
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]