本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110000/0089
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B00/カフェコアラ/cafe ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0089
(COA04006/是永 弥代子/みよこさん)  2002/01/08 22:47 2684回 
タイトル:大分マルチメディア研究会 1月例会
このまま
会員として
会員として


大分マルチメディア研究会 1月例会 が、大分東洋ホテルにて開催されました。

昭和60年に始まり、今年で17年目のこの研究会。
当初は「ニューメディア研究会」という名称で発足したのだそうです。

当時、ニューメディアと言えば、
・CAPTAIN
・パソコン通信
・ポケットベル

それが今はほとんど使われなくなり、
・インターネット
・携帯電話
・Iモード
に取って代わり、そして時代はマルチメディアからITへと進化しています。

講話は、大分県知事 平松守彦氏による、「ITによる地域活性化」

DSC00010.JPG
昨年はここで、「豊の国IT塾」を始めるお話が出たそうで、
今年も、ITへの強い期待を語って下さいました。

お話の中で、知事がホワイトボードに書かれた

glocalization

という文字。

世の中がglobalになるにつれ、localも発展していく、
という意味を込めて、知事が作られた造語です。

知事は常々、3つの高速化、を提唱しています。

道路の高速化・鉄道の高層化・情報の高速化。

大分県では既に、高速道路や国道に情報ボックスを埋め込み、
情報の高速化を実現しつつあります。大分県中を光ファイバーで結ぶ計画が着々と進み、
昨秋には県南が既に完成し、今年中に大野郡や県北が完成予定、
そして来年度中には県下全てを網羅する、新しい「豊の国情報ネット」が完成します。

インターネットを利用したネットビジネスは産業になる、
大分県の中がインターネットで結ばれた”経済圏”となり、
そして九州全体がインターネットで結ばれ、一つの経済圏として、
九州アジア経済圏の行政主体となる。
それが地域の発展・活性化につながる、という展望を語られました。


今年もマルチメディアの進歩(今や"IT"、ですね)には、目が離せません。
日々変化進歩していくこのIT業界。
新しい技術を常に真っ先に取り入れるコアラを、みなさまも楽しんで下さい!





尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110000/0089
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]