本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/01/110000/1557
第一号(ファースト)会議館/first会館内の、会議室名[  A100B00/サイバーカフェ/ccafe ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:1557
(COA00004/尾野 徹 tooru@fat.coara.or.jp/tooru )  2001/07/15 15:48 26096回 
タイトル:日立製作所,大みか工場って知ってます?
1
このまま
会員として
会員として


日立製作所、大みか工場って知ってます?

ある日、日立製作所の方が天神コアラをたずねてこられました。

地域を対称にするネットしてるコアラって何?いったいどんなことしてるんだろう、と、見学(?)に来られた。。。
お二人は、なんと、私の社会人経験最初の場所、日立製作所の大みか工場に縁のある方でした。
 新井さん(正面こちら向きの方)と大橋さん。
 
ということで、私、二十数年ぶりにその大みか工場へでかけたんです。


 九電向けの配電盤や電力コントロールシステムを作っていたり、何より、私がいた制御用コンピュータシステムの専門工場です。システムと言っても、当時でワンシステム5億円等というとてつもなく大きい、、、。
 
 おー、なつかしい眺め・・・と、思いつつ、これってアチコチどの会社でも、パンフレットで出てきそうな標準的な工場入り口写真ですが、、、、本人には懐かしい。


だって、茨城県日立市の独身寮から毎日、満員バスに1時間ゆられて出勤してたし、あまりにも田舎で周囲にはまったく何も人家もなかったですもん。
 当時は私、自家用車持ってなかったし、朝の出勤時と昼、それと夕方の帰社時にしかバスはないし、、、最終のバスが確か21時ごろで、それを逃すと朝まで帰れない、、、、という陸の孤島だったんです。
 オー懐かしい。
 その応接間で、同期入社の方にお会いしました。右の人なんですが、情報制御システム事業部事業部長の篠本学さん。
 とっても偉くなっている。
 で、その偉さをつい忘れて昔話をしてしまった。面白かった。
 彼は、私が派手な原色のズボンをはいていたことまで覚えている、、、あー困りますねぇ。


 左は、その篠本事業部長の下で頑張っている九大出身・情報制御エンジニアリング部の伊藤部長さん。
この工場は、ある意味では名門工場だったんです。
 入社前に写真を見たときには、海の側でとてもいいなぁ、と思ったけど、その海岸にでることもなく、、、かつ、働くときに海を眺めることもなく、だまされたような感じで勤務したのですが、、、、しかし、やはり懐かしい。

 私達が入社したときは出来たばかりの新設工場で、その工場長は、中津市生まれの九大出身の泉さんだったし、ということではないでしょうが九大の人が目に付くんです。
 私がいた時期に少し上の先輩では福岡の正興電機の現・土屋社長もこの工場におられた、、、最近よく福岡でお目にかかります。
 かつ、それ以降の工場長が日立製作所の社長になったり、あちこちの部署でとっても頑張っている(偉くなっている)のにはびっくりです。ある意味で人材輩出工場の様相を呈したらしい。
 なぜかって?
 それは多分、当時としては珍しい24時間稼動の制御用コンピュータシステムを作っていたからかな?
 当時はコンピュータはオフライン処理的な利用が多かったのですが、ある意味で(今の世の中のような)コンピュータの本質的な使い方を目指していたと言えるでしょう。
 私は、入社して即座に新日鉄大分の制御システムを作るチームで毎晩の夜勤勤務に励んだし、更には、日産九州工場用のシステムだってここで提案をしたもんです。
 私の隣の課はコムトラックといって新幹線を制御する三重系システムを作っていた。私達の部では信頼性を得るために二重系で設計することが基本だったのですが、三重系ってすごいですよ。三つのコンピュータのうち二つが同じ計算結果でないとその計算結果を採用しない。
 そのようなオンラインで24時間動かすことが骨身にしみてわかっている人達の工場だったから、今のネット社会に沿うような感触なのかもしれない。
 ということで懐かしく、工場内を見学させてもらいました。

 工場内は、靴にこのようにビニール袋をはいて入ります。。。

 実は、写真を見せたいが写真厳禁の場所ですのでゴメンナサイ。足だけです。

 とにかく二十数年前、ただがむしゃらに仕事した場所です。
 今の若い人達は結構満ち足りているでしょうから「何のために働くの?」「なぜ自分を犠牲にしてまで夜遅くまで働くの?」などと感じることもあるでしょうが、私は、それを言う暇がなかったし、、、コンピュータが面白かったこともあったかな。
 そして、当時のがむしゃらに働いて身に付いた(?)基礎があるから今の発想があるだと思うけど。人間、どっかで何も考えず、何かに打ち込んで何かを身につける時期があっていい、そのように思えます。

 でも、あまりに働きづめだし、気分転換の場所も無いので1ヶ月に一回、福岡まで羽目を外すべく遊びに帰ってました、私。
 あ、なつかしい、パンポンのコートだ。

 テニスとピンポンの中間のようなスポーツで、昼休みにやっている人が多かった。
 
 
これは、高速道路の自動で料金を払うITシステムですね。

 ワールドカップまでには九州の主要ヶ所に配置が進む?

 工場内道路にシステムを組み立ててた。
 更に、これって凄いです。
 「大みか工場連合消防隊」って書いてあるのわかります?
 我々新入社員は無条件に自営消防隊に入らされて、それこそ紺の消防服を着て、敬礼や隊列を組んでの行進、更にはホースを延ばしたり巻き込んだりの訓練を(仕事の忙しい合間に強引に招集されて)行ったもんです。
 ある意味では、新卒の自衛隊入隊経験による社員研修的効果が期待されてたのかな?
ということで、その工場正門で記念写真。
 
 右の方は今回案内してくれた大橋さんです。

 わざわざありがとうございました。
 さて、せっかくですから、おみやげに「大みか饅頭」を買ってかえることにしました。

 大みかってとにかく昔は何もない寂しいところだったので、転勤で旦那に付いてきた奥さん達はとてもびっくりさみしくなるのだそうですが、先に紹介した新井さんの奥さんもそんな雰囲気の中でこの「大みか饅頭」だけは大好物だったとか。
jわたしが買っている間にも次々のお客さんが来て忙しそうだった。
このような包み紙。

 コアラスタッフに渡したら、小野美香さんにかこつけて、「小野みか饅頭」、あるいは、「大きな美香」饅頭、等と言って女性陣に大受けだった。

その大みかのJRの駅。

とっても小さく、寂しいところでしょう?

電車の本数も少ないので水戸駅まで鈍行で行きます。
 といっても、実はこの付近は日立製作所の工場だらけで各駅すべてに工場があって特急もほとんど鈍行並に止まりますが、、、、、都合で水戸まで。
で、その水戸で降りたら、向かいの電車の車体にこのようなものが。

「2002年FIFAワールドカップ日本・韓国、成功させよう茨城開催」
日本の10ヶ所で見かけられる、別の意味で懐かしいポスターです。


 私の一週間、
  インターネット連絡会と出会い系サイト
  天神、朝の散歩
  日立製作所、大みか工場って知ってます?
  WC広報情報委員会が7月13日、開催されました。


001 (COA00367/清水 保雄/はねちゃん) 2001/07/15 22:58 参照:26663回
タイトル: 大みかの”みか”は、こう書くのですね。


    区点コードでしたら6517
シフトJISコードでしたらE150
   JISコードでしたら6131 となります。
(ちなみに部首は、”瓦”[5画]です。)


残念ながら、これまで常磐線方面には行った事がないのです。

なんだか私も懐かしの地を訪れてみたくなってしまいました。


尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/01/110000/1557
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]