本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/808
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B30/カフェコアラ4/cafe4 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0808
(COA01802/永野 美恵子 /Mie )  2017/05/28 23:56 168回 
タイトル:2017年5月19−20日:磯淵猛トークショー佐賀市へ移動
このまま
会員として
会員として



2017年5月19−20日:磯淵猛トークショー佐賀市へ移動
5月20日

朝も気持ち良く起きて、温泉に入ってきました。やっぱり温泉はいいですね。
その後、朝食、今朝も健康でおいしいです。 
佐賀のお友だちのお部屋へお邪魔しました。素敵な床の間に素敵なお花。
 さすがに陶芸の街です。花瓶も壺も美しい白磁?少し色模様がついていますね。本当に涼しげで上品でいいです。お花の名前も教えて頂いたのに、もう忘れています。
その後、ホテルを出て、今度は車で佐賀市へ連れて行って頂きました。磯淵先生も午後には飛行機で帰られます。佐賀の楊柳亭という所でお昼ご飯を頂きます。ご一緒にと声をかけて頂いて、うれしいです。 
佐賀でも有名なお店だそうです。戦後、すぐに天皇陛下のご巡幸があったとか、大きな写真が玄関にありました。 
こちらは大広間、立派な床、そして、大きな花瓶に大きなお花が雄大に活けられています。お正月には毎年、この大広間で佐賀の紅茶倶楽部の新年会が開かれるそうです。 
佐賀の有名な緞通です。あちこちに使いこまれた緞通が敷かれていました。 
 紫陽花膳です。お料理は見た目もお味も、器も、本当に素晴らしく、おいしく頂きました。写真をクリックして見て下さい。箸置きの紋様の根引きの松が素敵です。御めでたい図ですね。
  
 「佐賀に乾杯」と描いたラベルが貼られた麦酒でした。お話も盛り上がり、また佐賀の皆さんは、まもなく、紅茶の旅、イギリスへ行かれるとか、紅茶のファン、磯淵先生のファンがまた増えますね。
 食事の後は、古い街道が残っていると言われてそこへ連れて行って頂きました。昨夜、来られていた「くれは」のお店に行きました。

古い民家を残してのお店のしつらえが素敵です。ここは呉服屋さんだったそうです。
 お店の奥にはカウンター席が造ってあって、紅茶を飲むことが出来ます。
たくさんの紅茶やハーブティーが美しく並んでいます。いずれも日本のお茶どころの紅茶です。
磯淵先生と紅葉の岡本さんです。
おみやげに可愛い、紅茶やハーブティーのティーバックです。 
先生の空港へ行く時間になりました。駐車場で先生のお見送りをしました。そして、私たちも佐賀の皆さんとお別れしました。本当に楽しい時間をありがとうございました。今度は大分へ来て下さいね。
 もう少し見たいな〜と、また歩きます。ここは長崎街道です。
長崎街道に保存されている歴史民俗館の案内図です。銀行や実業家の家など、立派な建築物が現代への遺産として残されています。この建物の中で繰り広げられた近代国家を目指す躍動感が伝わって来そうです。
佐賀市重要文化財の旧古賀銀行です。明治18年に設立、この建物は大正5年に大規模改修でこの姿になったそうです。一時は九州の5大銀行にまでなりましたが、大正9年以降の大不況で休業、のち解散となったそうです。とても美しい建物です。
旧古賀銀行の建物の内部は、演奏会などの行われるホールとして活用されているようで今日も若い人々の演奏会があったようです。
 むつごろうの絵柄が楽しいマンホールのふたです。愛嬌があって、今にも飛び跳ねそうです。マンホールの蓋はその土地柄が見えて楽しいです。
 そろそろ帰途につきます。佐賀大和から高速に乗って、休みながら帰ろうと、金立で休憩です。
 ここはユニークなパーキングです。パーキングエリアに隣接して薬用植物園や、池、そして、徐福長寿館があります。徐福とは中国の秦の始皇帝の命で不老不死の薬を探しに佐賀にまできた人で各地に徐福にまつわるお話があるそうです。
佐賀の高速道路で見たかわいい標識です。吉野ヶ里遺跡の近くでした。 
やがて由布岳が見えてきました。あ〜帰ってきました〜〜 
 また休憩です。ここまで来ると、後すこしです。
 由布岳の北側の崩落斜面がいつも気になっていました。こんな看板が立っていました。この崩落現場は1596年の慶長豊後地震とその後の大雨で出来たそうです、大正時代から100年ほどもの年月をかけて治山事業をしているそうで、最近の熊本地震の時も、この工事のおかげで大事に至っていないとか、標高1583mの由布岳の傾斜距離2360mにわたり治山工事が行われているとのことです。
由布院で休憩した所にはこんな記念盤が据えられていました。スマートインターチェンジです。 
太陽がまもなく山に沈む所、空がきれいです。 
高速道路を降りて、もう10分ほどで我が家です。 
丁度、夫の夕食が終わった頃に帰り着きました。久美子さん、安全運転でお疲れ様でした。 
冷蔵庫をのぞいて、お疲れ様の乾杯をしました。 
磯淵先生の紅茶の本、息子が持っていた紅茶事典、今回の紅茶のすべて、そして、お土産に頂いた記念のお菓子、などなど、うれしいお土産です。 
21日、ぐっすりと休みました。朝は、お野菜一杯の朝食、 
パンはパーキングエリアでおいしそうなパンを買ってきました。やっぱりテラスで食べましょう、と、運び出しました。 
 佐賀で買ってきた紅茶を入れて、おいしく食べました。
お昼は、レーメンです。今年になって初めてかと思います。時間通り食べて夫はミニテニスへ出かけました。
私たちは少しゆっくりお茶をして、おしゃべり、昨日の思い出に浸りのんびりと過ごしました。久美子さんはサクランボのジャムは初めて、おいしいと、大喜びでした。 
我が家の駐車場の入り口の陶板とかわいいお花、
それに番人のダック君、こんなのが居たの?と大喜びの久美子さんでした。

二日間、車の運転、たくさんの方々との交流と、本当にお疲れ様でした。私も楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。
 

尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/808
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]