本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/676
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B30/カフェコアラ4/cafe4 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0676
(COA01802/永野 美恵子 /Mie )  2016/02/17 20:24 543回 
タイトル: 2016年1月25日:平成27年度消費者教育フェスタin大分
このまま
会員として
会員として



2016年1月25日:平成27年度消費者教育フェスタin大分
大分友の会がデモンストレーション授業にて事例紹介
 
大分友の会の「子ども友の会」の活動をホームページを通して認めて下さった消費生活センターから「消費者教育フェスタin大分」にてデモンストレーション授業にて事例紹介をしてほしいとの依頼を受けました。

11月の子ども友の会では「親子で学ぶこづかい帳のつけ方勉強会」とし、12月12日には消費生活センター(ライフパル)にて「親子こづかい帳つけ方勉強会」の依頼講習会をさせて頂きました。
そして今日はおりからの大寒波の中、国立大学法人大分大学教育福祉学部附属小学校・中学校にて、文部科学省主催の「消費者教育フェスタin大分」にてデモンストレーション授業を行うべく生活部・委員会(有志)が出席しました。

中学校講堂では、パネル展示が開かれていました。
(国民生活センターのパネル展示)
大分友の会の展示です。

全国友の会80周年の記念パネルと、大分友の会の活動から「子どもを持つ母の集まり」「大分子ども友の会」「災害支援活動の紹介」のパネル、そして婦人之友社刊のこづかい帳、家計簿、大分友の会の紹介パンフを展示しました。
 午前中は中学校講堂で開会式、基調講演、事例報告があり、午後は企業・団体によるデモンストレーション授業が中学校と小学校の生徒さんに対して行われました。
 
  
中学生対象に行われたデモンストレーション授業(12教室)の一部を参観しました。
小学生に対する デモンストレーション授業は6教室でありました。

パナソニック(株)、サントリーホールディングス(株)九州電力(株)大分支社、(株)ディー・エヌ・エー、大分金融広報委員会、そして、大分友の会です。
 14:05分からの45分授業を6年1組の教室で大分友の会が受け持ちました。

担任の田代先生に紹介され、前に出たのは子ども係の井上晶子、生活部リーダーU6係の阿部美紀子、助手として教室の左右に待機したのは総リーダー原田みどり、委員会から松村友美、永野美恵子、附属小委員で友の会員で最寄リーダーの佐藤加奈子でした。
前もって生徒さんに簡単なアンケートをとらせて頂いていたのでその結果の報告から始まりました。こづかいをもらっているのは15人、こづかい帳をつけているのは3人でした。

こづかい帳は何のために付けるのでしょうか、少し考えてもらいました。そして、そのお金はどこから来るのか、を考えました。
日本銀行と答えた生徒さんもいましたが、お父さんお母さんが社会へ力を出してお金を頂くこと、その中から税金・社会保険費と社会を良くするために使われるお金を差し出し、その後が考えて使えるお金 として家庭にあること。家庭で使われるお金はたくさんの費目にわけて管理するので、家計簿の費目とその内容を分かり合いました。その中の教育費の一部がお小遣い、子どもも一家の中で家計を担う一員であることを分かり合いました。
その後、ゲーム形式でお金の使い方、こづかい帳に書くこと、などを、学び、子ども自身が考え、判断する力をつけていくこと、その力がこれから大きくなるにつれて大切になることを学びました。(石川県金融広報委員会のおこづかいゲームを参考にさせて頂きました。)

最後は、「こづかい1か月のまとめ」をして、振り返ることが大切なことも分かり合いました。

多くの教員、保護者、関係団体の皆さんがメモを取りビデオを撮りつつ、本当に熱心に見て下さいました。
未来ある生徒さんたちの心に何か残るとうれしいです。
平成27年度消費者教育フェスタin大分
日時:平成28年1月25日(月)9:50〜16:20
会場:国立大学法人大分大学教育福祉学部附属小学校・中学校
プログラム
・基調講演「買い物で世の中へ発信しよう!」
・学校・地域における消費者教育の事例報告
・企業・事業者、地方公共団体、消費者団体等の教材・資料等の展示
・企業・団体によるデモンストレーション授業
・パネルディスカッション「消費者教育を通じて子どもたちが身に付けていく力とは」

主催:文部科学省
共催:国立大学法人大分大学
協力:社会的責任に関する円卓会議
後援:消費者庁、大分県、大分県教育委員会、大分市、大分市教育委員会、日本消費者教育学会 
 
写真・文責:永野
 

尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/676
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]