本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/671
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B30/カフェコアラ4/cafe4 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0671
(COA01802/永野 美恵子 /Mie )  2016/01/29 08:43 360回 
タイトル:2016年1月14日:「大分市みんなの消費者大会」
このまま
会員として
会員として


  
2016年1月14日:「大分市みんなの消費者大会」

年末に大分市消費者団体連絡協議会から大分友の会に「第39回大分市みんなの消費者大会」で記念講演をしてほしいとの依頼がありました。友の会の学びを話して欲しいとのこと、委員会で相談をしお受けすることにしました。新しい年が明け、今日は14日、大会当日です。
主催者挨拶、副市長、・市議会議長の来賓あいさつに続いて、記念講演・大分友の会と紹介をされ緊張してステージに上がりました。
演題です。「共に生きる ちょうど良い暮らし」世界の人たちと自然界と共に生きる、そのためにちょうど良い暮らし、決して我が家のためだけにちょうど良い暮らしでは無いことを思った時にその第一歩は、「計ること、記録すること」、から始まるのではと思います。
今年の消費者大会ではゴミ有料化になって1年の大分市なので、ゴミについての学びをと思っていたが、家庭での実践をしていることを大分友の会に話してもらいたいとのこと、地球環境を考えた学びを中心にお話をしたいと、九州部が2008年に作成し、毎年考えている「環境」についての表を真ん中において組み立てて、実例を3人が話すことにしました。

婦人之友11月号に紹介された四国部の「ごめんなさい」と言って捨てたもの、という記事を参考に暮れの10日間調べをしての考察も報告させて頂きました。 
33人が調べに参加、ゴミにした量は全部で13552g、一家庭一日では40gでした。そのうち野菜・果物が23種で4364g調理品では汁物が8種で3466でした。
会場展示は、友の会紹介パネルと鍋帽子です。会場へ行ってから、やかんでお湯を沸かし、鍋帽子を被せてお客様に講演の途中でその効果を実際に障ってもらうこともしました。
鍋帽子については、月一で連載させて頂いている大分合同新聞記事の11月号で紹介したばかりだったので、展示準備をしている最中から、興味を持って見て下さる方がたくさんあり、とてもうれしく思いました。展示担当は、総リーダーの原田さんでした。 
無事に大会が終わったあと、記念写真です。
主催者の方々に挨拶をして、展示などを片付け控室へ戻ると本当に無事に終えることが出来たことを喜びました。
昼食を兼ねて、反省会、報告書の準備など話し合いました。本当にお疲れ様でした。

第39回大分市みんなの消費者大会プログラム
* 受付
1.開会
2.主催者あいさつ:大分市消費者団体連絡協議会会長 
3.来賓あいさつ
  大分市長 代読 大分市副市長 小出祐二氏
  大分市議会議長 永松弘基氏
4.記念講演
  演題:「共に生きる ちょうど良いくらし」
  講師:大分友の会
5.活動報告
6.大会宣言
7.閉会
 

写真:原田、野浦
文責:永野

尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/671
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]