本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/253
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B30/カフェコアラ4/cafe4 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0253
(COA00999/増田光美/terumi@elf.coara.or.jp)  2011/10/12 18:20 1988回 
タイトル:第37回ゆふいん牛喰い絶叫大会
このまま
会員として
会員として


第37回ゆふいん牛喰い絶叫大会
平成23年10月10日(月・祝)、由布院(並柳牧場)にて牛喰い絶叫大会が開催されました。スタッフ川野と増田で遊びに行ってきました。
朝方の会場から有名な朝霧も確認できました。
美しい。。。
朝9:00から入場券が販売開始されました。
続々と人が集まってきます。今年も長蛇の列です。
周りを見渡すと、はずれでは炭を下準備中。これがお肉を焼く重要な炭になります。 野外の売店も準備中。カメラを向けると笑顔で写って下さいました。
会場入りは11:00からとなります。
それまでの間、「青空コンサート」や「神楽」が披露されました。
広い牧場で歌を熱唱するステレオ少年のしんいちさん。
歌の後は神楽です。
笛の音と太鼓の音が由布岳にこだまします。
この頃には大分お腹も減ってきました。
この開場までの空いた時間に家族づれの方々は牧場の広さを使って遊んだりしておりました。・・和みます。
牧草を包んだビニールに落書き出来るコーナーも設けられておりました。子どもたちが描いた落書きがたくさん(笑)
5、6個並べられたビニールには様々な落書きが。
開場開始です。どやどやと人が並び始めました。
当日県内外から約800人ほどが集まったそうです。
多いですね。裏側もせわしく準備中。
このテントの中では地元の野菜がたくさん売り出されていました☆
前菜の牛のテールスープが登場。良い香りです♪涼しくてちょうど良い気候でしたが暖かいスープはほっと落ち着きます。 あつあつのスープ片手に準備万端。増田です。
先ほどのテントでスタッフ川野が湯布院で育ったしいたけを購入してくださいました☆
贅沢に丸々一個をそのまま牛肉と一緒に焼いて食べます。
こうやって見ると非常に多くの方々がこの祭りを楽しみにされていることが分かります。会場全体に炭の良い香りが漂っておりました。

さっそく焼いていきますよ!U字工の中に炭をくべてもらいます。炭の熱で肉と野菜を焼きます。突然火力が強くなるので注意です。肉は真ん中へ。

焼いても硬くならずおいしくやわらかい牛肉でした。トレーいっぱいに、一人分としてやって来たのですがお腹も減っていたせいか、あっというまに網のうえから食べ物が消えました。スタッフ川野購入のしいたけも焼肉のたれと合ってておいしかった〜♪
『由布院温泉観光協会 会長 桑野和泉さん』
会場全体が食べ終わる頃に実行委員会の皆様の挨拶で毎年の醍醐味である絶叫大会が開始されました。今年はどんな絶叫が楽しめるのでしょうか。
子どもの部からの開始。30名の募集に対してそれ以上の集まりを見せました。人気です。抽選で決定した30名の絶叫から大会が開始されました。印象的だった叫びは
「宿題を減らしてくれ」
「値上がりするのでタバコやめて」
等々。
子どもならではの切実な叫びに会場にも笑いがこぼれます。

大人の部も募集70名に対し、定員を超える絶叫希望者が集まりました。このお祭り自体にファンがついており、毎年この絶叫の参加を楽しみにされている参加者さんも多いようでした。
「飲酒運転はだめだ〜」
と大きく叫んだおまわりさん。
『今回の絶叫大会での優勝者』
「パパ結婚してくれてありがとう!」と叫んだ福岡市の栗田智子さん(33/女性) 113.2デシベルを記録し見事優勝されました。
他にも、印象的だった叫びは「頑張れ〜ニッポン」「今年も由布院に来たぞ〜」等々
牛喰い絶叫大会、増田は初めて足を運びました、山の爽やかな空気と美味しい牛肉を堪能出来ました。
2011・10・12 増田 光美

尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/253
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]