本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/206
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B30/カフェコアラ4/cafe4 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0206
(COA00004/尾野 徹 tooru@fat.coara.or.jp/tooru )  2011/07/31 19:14 3999回 
タイトル:川の畔を散歩したくなるシャブリの町、のどかでリッチに見えるけど
このまま
会員として
会員として


川の畔を散歩したくなるシャブリの町、のどかでリッチに見えるけど

 僕は、ワインに疎いんで、一時期、シャブリばっかり飲んでた時期があるんです。
 なんてったって、暑かった一日の終わりに、ビールの代わりに冷えたシャブリを、ごっくん、と、するのがうれしかったんです。
 そのシャブリ村を訪ねるなんて、なかなかの機会がないので、今回の旅行は千載一遇のチャンス〜♪

 それにしても素晴らしく、、、おだやかな、水の村ですねぇ。訪ねたワイナリーの前、というか横の川なんです。
 日本のように、堤防が無く、フラットに水辺と陸地が接しているのは、、、、やはり、ゆるやかな平野で覆われるヨーロッパだからでしょうか?


今日は、ボーヌを出て、パリに移動。下の地図を見て写真をごらんください。

その途中でシャブリを訪ねたのですが、少し時間が足らなかったな。
 
 もう少し、周辺を歩いてみたかったけれど、、、、バスから撮った写真が多くなるけど、ま、レポートしてみましょう。

ボーヌを出て葡萄畑を見なくなってたのですが、シャブリに近づくにつれて、ひまわりの畑、そして葡萄畑が目に付くようになりました。
 そして、ますます川や小さな湖?がバスから見れるんです。しかも、シャブリの町に近いほど、穏やかで小さな川幅みたいで。。。
シャブリの町に入りました。。。。なんか、わくわくするなぁ。
公衆電話ボックスは木枠?

自転車のおまわりさん。 街歩きしてみたいけど、先ずはワイナリーに。。。
ちゃんとワインショップもあることを目で確認・・・
川の畔をバスが走り、、、







映画に出てくるような木の橋があって、、、

その隣にありました。
今日の訪問先。

Le Domaine du Chardonnay

この建物は、倉庫や販売の店のようで、この左手に工場がありました。
案内してくれたオーナーさん、名前忘れたけど。
かっこいいね。
コート・ド・ニュイでは木の樽でしたが、ここでは金属。 今はこれの方がよいものができるそうだ。 シャブリの違いなのかな?


ここでは、瓶詰めの機械もあった。
そしてラベル貼る機械も。
楽しく試飲も、、、
ただ、ここからは日本に遅れないということで購入無し
しかし店の前の眺めが素晴らしいなぁ
この橋、ぜひとも渡ってみたかった!
 さて、ではランチの場所へ移動です。。。あちこちになんとなくその気にさせるレストランがある。。。ボーヌに比べて、落ち着いてていいかも。 
今日のランチは、La Cuisine au Vin というお店。
このCAVEって書いてある建物に、左の入り口から地下におりていくと、、、
へぇ〜、なかなかおしゃれじゃないですか。。。

ワインは、シャブリの特急から。確か2006年だったかしら?

 そして。右のワイン、なんと、1981年ものです。30年もの。これはやわらかくて美味しかった!
 今回、一番僕にあってたかもしれないな♪
お、今日は、日本人に会いそうな感じ。ハムと野菜なんてスタートです。

チキン、、、なんか、日本で気楽に楽しんでいるような。
 ガイドさんが、あまり時間無いので、そんなに美味しいと思ってワイン買うならこの1階がショップだから、と、急がされ、食べるものもそkそこに、あわてて上がってきた。
 右端のお店の人が、僕らが1981年ものが美味しい、って赤ら顔のまま言ったら、「値段同じだから、1983年ものの方が美味しい」と言われ、それを購入。
で、これはどうだい?って、1981年からの12本のセットを見せられた、、、はは。
立ち飲みの人達もいるようで、いろいろと楽しめるなぁ。。。
なんとなく、リッチな村のように感じますね。
とっても名残惜しいけど、、、、街歩き無しで、シャブリを後にしたのでした。はい。

あ、そのシャブリの前に“ヴェズレーの教会と丘”という題目で世界遺産に登録されている、サント・マドレーヌ大聖堂 を訪問しました。
 (その紹介は写真だけで)
Loading...

<過去レポート>

(1)ドイツのフランクフルトから世界遺産のエッセン、ツォルフェアアイン炭鉱までドライブ
(2)ドイツ-フライブルグの自転車とトラム交通、エコ団地取り組みは何か懐かしい♪
(3)トラム製作企業LOHR社訪問、かつストラスブールは観光地!
(4)ボーヌは六次産業のお手本(1)ホテル LE CEP がある旧市街は街歩き観光メッカ
(5)ボーヌは六次産業のお手本(2)ぶどう畑、ワイナリー、レストラン訪問
(6)川の畔を散歩したくなるシャブリの町、のどかでリッチに見えるけど

  よーろぱシリーズ(北欧 スペイン ザルツブルグ

尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110030/206
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]