本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1381
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B20/カフェコアラ3/cafe3 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:1381
(COA00004/尾野 徹 tooru@fat.coara.or.jp/tooru )  2008/07/27 12:35 10559回 
タイトル:ヘルシンキからストックホルムまでのクルーズ、タリンク・シリヤライン客船
このまま
会員として
会員として


フィンランド・ヘルシンキからスウェーデン・ストックホルムまでのクルーズ、
大型客船シリヤラインの一夜はやはり音楽で!

16:00過ぎ乗船。
なんと、一人一人、乗船時に2枚写真撮られ
しばらく経つと、船の中でこのような加工で
2枚にして売られてた、4000円ほど!

(たった一瞬をかっちり撮る腕に敬意!)
さらに、その門を潜ると、ムーミンと
ミイ(だったかな?)がお出迎え。

さすが、子ども達と女性陣は人気あります。

高橋さんと馬場さん。
はいってびっくり、トロンボーンの演奏に
迎えられてピエロが、、、(クリックして拡大)
船の中、こんなに大きな吹き抜け。
ここは7階です。
それを12階から見下ろせた。
乗船時の混雑が少し収まって、、、 これ私の部屋。コモドールクラスというらしい。
早い話がセミスイート部屋みたい。
大きなベットと応接セットで、快適。
お花と果物がお迎え。
12階では子どもが楽しく遊べる工夫を。 同じく12階では周囲を見渡せるデッキに。 あ、この右が乗船時の桟橋、さすが高い。
昨日回った大聖堂やロシア正教会が見える 同じような船が対岸に。
いよいよ出航、
要塞跡のような処をすれすれに出て行く、
こんな飾りもあるし、、、 フィヨルドって水深が急に深いのでしょうか、
すぐ近くに陸がずーっとあるのは異空間。

食事になりました。

マキシムなんですって。
だから、上着着てきてね、って
言われて、それなりに皆さん準備。
料理は、やぁ、やっとシーフードだ!
喜んでしまいました!

しかし、バルト海は本来海水の塩分濃度が
低く、ロブスターを始めとする甲殻類は
育たないんですって。だからこれらは
冷凍食品。。。(^_^;)

メインは魚・スズキの蒸し焼きでした。

なんと、この船には日本人がクルーとして乗
船しており、挨拶に来てくださった。
 で、気遣いかな醤油が用意されてた。
はい、食事の後は、音楽の時間。

井上さん、背広を脱いで、かつ、先回りしてギター弾き語りのあるパブのよい席を
陣取ってくれている。(桜見の場所取りと同じなんです、ホント、気配りがよいなぁ)
(そういえば、井上さんと秦さん、日本からお米と炊飯器を持ってきてて、一度、おにぎりをつくってバスの中で
配ってくれました。話にはそんなことがあるようなこと聞いてましたけど、実際に目にするの始めてだった!)

で、私が行ったら、最初は、井上さんと秦さんと私の3人だけ。
他の人は、他のショースペースに言っているらしい。

秦さんは、みんなに「食事後は7Fのパブにいます」と説明し、「あとで行きますね」と答えをもらってたらしく
彼女は皆さんがなかなか来ないので心配してましたが、音楽がスタートしたら、もうその心配は吹っ飛んで、
ワイワイ、3人で盛り上がってきた!
ビールの種類が50種類ったっけ?飲み仰せな〜い!
井上さんは、実はお酒に強く、かつ、好きで、それもウイスキーに詳しいということも判明。
そのウイスキーの種類もこのパブはものすごっく揃えていて、もう、ボクはわからず、井上さん任せ。
ここらで、大銀経済研究所の川野さんと日本政策投資の山下さんが加わったかな?
ステージもヒートアップして、我々にどこからか?と、マイク越しに訪ね、周囲に「ジャパーニーズ〜」と紹介すると、
観客からも大歓声!、歌もだんだんと、皆さんが知っているような感じで大合唱がおこるし、、、歌声喫茶なみ!
盛り上がる〜、盛り上がる〜!
実は、盛り上がりすぎて、24時閉店なのに、25時まで収まらなかった・・・・はは、失礼しました。
翌日、少し、アルコールが残ってしまった。
朝になって、、、って言うか、もともと夜眠れないボクは、
通常よりとても早く起きる。

この日は4時半頃、、、看板に出てみました。


後ろにはもう一隻が続いていた。


他船を見て、この船の大きさ、高さを感じます。
思わぬ処に家があったり、、、、陸が近い。
進路前には2隻の船が。
つまり、4隻が間おかず連なっている。
朝の9:30、ストックホルムに到着です。
 一晩のクルージング、ということでは、瀬戸内海も同じだけど、利便性、安価性にだけ力入れるのではなく、船中泊そのものを楽しい
ものにする工夫がその瀬戸内海にもあっていいのかも。
 今年、福岡には中国から大型客船が計22回寄港するんだそうです、きっと工夫されているでしょうね。。。

北欧を訪ねてみました。2008年7月15日〜23日です。

(1)デンマークのコペンハーゲン、チボリ公園は大賑わい〜
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1387

(2)ノルウェーに来てます、フィヨルドですって!、寒い〜
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1367

(3)ノルウェーは滝がいっぱい。フィヨルドクルーズ、寒かった!
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1389

(4)ベルゲンからオスロまでのベルゲン鉄道7時間の車窓旅行、思いの外景
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1368

(5)オスロのモンク美術館、ヴィーゲラン公園でちょっとはしゃいでしまった
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1369

(6)フィンランド・ヘルシンキ郊外のオタニエミ・サイエンスパークで
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1370

(7)フィンランド・ヘルシンキ市内探索、岩盤くりぬき協会、かもめ食堂など、見どころいっぱい
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1379

(8)ヘルシンキからストックホルムまでのクルーズ、タリンク・シリヤライン客船
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1381

(9)ストックホルム散策、スウェーデンモデルの勉強しつつ、、、
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1382

(10)ノーベル賞の受賞式の食事を試す、、ダイナマイト式デザートが人気?
http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1384

尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110020/1381
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]