本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110010/1510
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B10/カフェコアラ2/cafe2 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:1510
(COA13083/門脇邦明/ぱんにゃ)  2004/08/24 08:15 3387回 
タイトル:佐伯養護学校・ピアノ開きコンサート
1 2 3
このまま
会員として
会員として


■ピアノ開きコンサート
 

 

懐かしい感じのこの場所は・・・

金曜日にお休みをもらいやってきた場所は、なんとなく懐かしい感じの場所。そう、ここは佐伯養護学校。なんだか勉強しないといけないような、ちょっとブルーな気分になりますが・・・。

ここで今日、大分舞鶴高校音楽部OBによるピアノ開きコンサートがあり、僕ら即席合唱隊の演奏があるのです。ほとんどの人は(特に我らがベースは)、高校卒業してから歌ってないというころで、約2ヶ月前から週末毎に猛特訓(?)をしてこの日に臨んだのでした。

なんで、僕らがここにいるかというと・・・。

僕らの音楽部の顧問だった阿部(旧姓:中津留)先生が、退職前に勤務されたのが、この佐伯養護学校。

で、先生が退職される際に、退職金でグランドピアノを買って学校に寄付をされました。
で、せっかくだから、コンサートをやろうということになり、僕たちにもお呼びがかかったという訳なのです。

詳しくは: 朝日新聞のサイトで......


阿部恵子先生

久しぶりに先生の指揮で・・・。
 
この方が、大分舞鶴高校の音楽部の顧問をされてた阿部先生現役の頃、音程の安定しない僕らはよく怒られてましたっけ 笑

阿部先生はこの佐伯養護学校の教頭で退職されました。そして、その養護学校にグランドピアノを寄贈されたんです。

高校を卒業して14年ぶりに指導を受けるのですが、元気元気。高校の時と全然変わらない!

まずはラジオ体操です!
 
この日、朝8時20分に佐伯集合ということで、まずはラジオ体操で、体ほぐしから。

ラジオ体操はなんと、ピアノの生演奏。
ちょっぴり贅沢な気分。。。

・・・このピアノ演奏、僕の同級生なんですけど、どうして弾けるんだ、ラジオ体操の曲?

やたらとみんな張り切って体操する。気持ちだけは高校生のまま。この先体力が持つのかと、先生、若干心配な表情

で、最初に通して歌う。かなりひどい。
めちゃくちゃ。おおお、大丈夫か、本番。。。

まずはラジオ体操!




本番迫る

変人の表現力豊かな人たちの多いテナーは、円陣を組んでいる。

きままな我らがベースは、のんびりのんびりです。

さぁ、本番!

ステージ横に掲げられたこの看板。否が応でも緊張が高まる。



200席用意した客席もいっぱい!

当初は、「観客は20人の生徒だけ」なんて言われていたんだけど、なんと、体育館いっぱいの人がつめかけています。

携帯電話で「今日のは良いみたいやけん、今からでも間に合うけん、おばちゃんもおいでよ」なんて電話している方も・・・。

なんだか、大変なイベントになってきたぞ。

さて、緊張の本番開始

僕らの合唱は、白雪姫の「ハイホー」、筑後川より「河口」、それに生徒たちと一緒に「佐伯養護学校校歌」「世界がひとつになるまで」それにアンコールの「大きな古時計」を歌った。

アンコール前の「河口」を歌いながら、なんか胸の奥が熱くなった。このときどーも、先生も感動で涙を溜めながら指揮をしていたらしい。
そーか、この感動が伝染したのね。

それにしても、朝の練習がウソのように、気持ちがひとつになった。そうそう、これが合唱だよね。久しぶりの快感。

でも、混声4部合唱の写真はない。
私も歌っていたから・・・。

【右上】先生と伊藤さんの連弾。先生の寄贈した真新しいピアノから、すごく生き生きとした音が出ていた。
もしかすると、先生のピアノを弾くのを聴くのも初めてかも知れない。先生ってピアノ上手かったんだ、失礼だけど、びっくりした。

【左下】同級生、長友さんのバイオリンソロ。
きれいな人のバイオリンって、いいねぇ〜。
聞き惚れた。

【右下】一つ上の先輩で、イタリアのフィレンツェ国立歌劇場でオペラ歌手をやっている渡辺先輩。さすが、プロ。私たちとはまったく異次元の声。
こんな方と一緒に歌えるだけで、幸せ。ってか、もったいなさすぎ、僕らには。



阿部先生と同級生の伊藤さんの連弾
さすがに息の合った素晴らしいピアノ
アグレッシブな伊藤さんの音に
若々しい阿部先生のピアノ

長友さんのバイオリンソロ
美しいバイオリニストは絵になります。
高校卒業してから久しぶりに聴いた

渡辺先輩のソロ
イタリアでも学校に慰問に行ったり
してるのだとか
すばらしい歌声に、感動。

高校生のころに(気持ちだけだけど)戻りました。

2ヶ月前、同級から突然連絡があり、このコンサートを知らされた。
冗談かと思ってたら、本当に練習が始まった。

それでも、実感が湧かないままに、練習は毎週に。
しかし、練習には直前まで男声は3人しか来ない。
声の出ない自分に焦りまくりの、日々が始まる。
練習嫌いの私が、なんと自宅のピアノで音取りするという変わり様。

実は、先生も本当に大丈夫かと、かなり心配だったらしいということを、打ち上げの時に聞いた。
「練習に来なくなるんじゃないかと心配で、たった3人の男声にはあれこれ言うのはやめよう」って思ってたらしい。
確かに、どんなにめちゃくちゃでも、女声のように、厳しい注文を受けることはなかった。
おかげで、無事、ステージまで立つことが出来た。感謝。
そして、心配をおかけしてしまいまして、申し訳ありません。
でも、ほとんど素人の僕らには精一杯でした・・・笑

当日、男声女声併せて50人以上がステージに立った。平日の午前中の佐伯のステージにも関わらずに、なんとかみんな仕事を工面して集まってきた。東京など全国から、もちろん渡辺先輩は遙かイタリアから。残念ながら時間の都合のつかなかった人たちも含めて一つになれた。

そして、みんな高校時代に戻って(見た目はそれ相応ですが・・・笑)、一緒のものを作り上げた。
久しぶりの感触が楽しかったです。
まさに、先生の魅力に集まってきたみんなの気持ちの結晶でした。

また、やるとなると時間的にもちょっと辛いものがありますけど、怖いもの見たさで、もう一度やってもいいかなって気持ちもあります。

今回、バラバラになったOBをつないだのがインターネット。
メーリングリストで連絡をし、参加できなかったOBから励まされ、グループウェアのブリーフケースに音取り用のMIDIファイルや、練習の模様の動画、練習場所や当日の場所の地図などを参加者で共有できた。こういった業界にいながら、改めて、インターネットの便利さに驚いてしまった私です。

さぁ、OB合唱団の今後の行方は・・・?
また、何かやるようだったら、ご案内しますね。

夜の打ち上げが終わり、14年ぶりに高校に戻った不思議な1日も終わりました・・・。(おしまい)

2004.08.23 by Kadowaki Kuniaki

001 (COA20351/林裕子/) 2004/08/24 10:09 参照:3405回
タイトル: お疲れ様でした!

横で見ていても練習の大変な様子がとっても伝わって来ました。
毎週毎週練習で、月曜は大体ぐったりしていましたね(^^)
でもその練習の成果が発揮できたようでよかったです。

皆で声が揃う瞬間って感動しますよね。
私もカラオケ(一人で歌うの)は苦手ですが合唱は好きです♪

002 (COA13083/門脇邦明/ぱんにゃ) 2004/08/24 10:55 参照:3438回
タイトル: ふぅ、ぐったりです

練習の度に、だんだん不安になってくる恐ろしい練習でした。
声を出すってことがこんなに難しいとは・・・自分を共鳴させて楽器になりきるだけなんですけどね〜、
どうしてもいらんところに力が入るんですよね。くやしいけど。

林さんも、どこかで歌ったら? 声を出すのは気持ちいいよ。

003 (COA06994/平野和子/) 2004/08/25 13:25 参照:3390回
タイトル: 大成功おめでとうございます!


 門脇さんが真面目な顔で、しかも突然「声が出ない・・・」と言うから
 「何が??」と尋ねてみると合唱コンサートがあると聞いたのが1ヶ月前だったかな? 
 そのコンサート内容から練習の話を聞いて素敵なイベントがあると思っていました。
 大成功おめでとうございました。

 運動や芸術に触れて日ごろと異なる時間を過ごすって大切なことよね。
 すがすがしい気持ちになれますよね。

 私事ですが、28日の第2回玉入れワールドカップにエントリーしていて
 その練習で汗ダクダクになっただけでも、いいわぁ〜と思いましたわ。


尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110010/1510
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]