本ページへのリンクはこのURLで:http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110010/0375
第二会議場/会館内の、会議室名[  A100B10/カフェコアラ2/cafe2 ]会議室の中です
百聞一見先頭ページhelpへ  03年3月以降トップ100/最近一ヶ月トップ100/最近一週間トップ100

発言:0375
(COA00004/尾野 徹 tooru@fat.coara.or.jp/tooru )  2003/10/10 12:09 3763回 
タイトル:仮想化現実技術による自由視点三次元映像スタジアム通信の実証研究の事後評価が来ました。
このまま
会員として
会員として


 仮想化現実技術による自由視点三次元映像スタジアム通信の実証研究の事後評価が送られてきました。
早い話が、研究に対する成績表ですね。
 TAOの皆様にいろいろとお世話になって、資金を得ての4年間に渡った実験。

 さて、その評価、どうぞみてやってください。

まずは、研究プロジェクト内容の概要は、、、

自由視点3次元映像(バーチャルリアリティ通信)研究
〜尾野が便宜上代表者 
・TAO(郵政省・今総務省)より、1999年〜 2002年まで、 約2500万円/年  計 1億円戴いた。
・米国カーネギーメロン大学ロボティクス研究所所長 金出武雄教授(世界的権威!)
   →2001年より、お台場で、ヒューマンメディア・ラボ ラボ長兼務
・筑波大学 大田友一教授をリーダに、竹中工務店、慶応大学、NHK技研、大分大学の皆さんが参画
  ハイパーネットワーク社会研究所(尾野)

最初に実験応募した時の研究完成イメージは下記のようなものでした。

その結果、、、実際にカメラを設置して、、、

筑波大学大田先生が頑張ってくださって、
左図のような構成になったんです。

その結果は、、、

  実験状況を映像で見れます
   (Mpeg映像です、大田先生が作成) 

 お金の都合などから、画質はまだ荒いですが、
スポーツ科学などに利用できるのではないか?
 等と考えております。

 尾野徹


ということを行ってきましたが、、、かつ、東京で成果の発表会を行いました。
そして、今週、その評価が通知されました。
以下のような結果です。
成績表ですし、大田先生が「ドキドキして見た」と言っておられましたが、私もそう。
かつ、おおむね好評であったようでこれも嬉しい。
後は、お金を更に集めて実際のものを作れるとよいのですが、、、

地域提案型研究開発制度事後評価審査表
研究開発課題名 仮想化現実技術による自由視点三次元映像スタジアム通信の実証研究
研究代表者 尾野 徹  評価日  : 平成15年  月   日
評価の観点 評価ポイント 評価点 コメント
効率性 目標
達成度
評価実施時における目標の達成状況、及び進捗状況。最終目標を達成できていない部分について、その理由が明確で妥当かどうか (0〜4点) 2.67 良好。
研究成果に基づき、研究成果物は4年間で59件、1件の特許出願がなされ、おおむね所期の目的をクリアしていると判断します。また、民間企業との共同研究体制も有効に機能したことが、実証実験の実施状況から判断されます。

良好
費用対
効果
当該研究に投入された費用と、得られた研究成果とのバランス。得られた効果に対して費用が過大になっていないか。(研究機関、研究者は適切か?) (0〜4点) 2.67
有効性 科学的・
技術的
知見の
向上
・特許出願、論文等の件数、内容 3.0 良好。
実際的な実験で得られたデータは重要であり、当初の研究目標である「自由視点映像スタジオの実現」に向けて、一定の寄与を果たしたと考えます。
良好。
本研究は、ワールドカップサッカー開催及びスタジアム建設を機に、スタジアム及び通信インフラの後利用の課題解決を目的に研究された。著作権の関係で、ワールドカップの映像は取得できなかったが、大空間での自由視点による映像生成及び伝送技術が開発されたことにより、自由な場所からのスポーツ観戦・分析が可能となり、スポーツ技術の向上・人材の育成など、ブロードバンド時代における有効なコンテンツとして期待できる。また、世界的なレベルの研究であり、地元研究開発能力の底上げ、技術移転が期待できる。
・独創性、革新性(ブレークスルー)、先導性、国際的水準で見た新規性、新しい知の創出、他の研究への波及効果 等 (0〜4点)
産業・経済活動の
活性化
将来的な実用化・商品化の基礎、標準化、相互接続性、互換性、起業促進、経済波及効果、 等 (0〜4点) 2.67
地域振興評価 研究成果が地域における研究開発能力の向上、新規産業の創出、地域振興に寄与するものであるかどうか 4.0
その他 急速な
技術革新への対応
研究開発の実施中に、研究目標が陳腐化しないような配慮がなされているか (0〜4点)
2.33
合計点(20点満点) 17.3
特記事項 コメント 全体的には概ね良好と考えられる。

地元スタジアムやホールを、本研究成果に基づく「自由視点映像スタジオ」化することにより、地域振興は勿論のこと、国内・国際的的にも新しいコンテンツ産業創出が大いに期待できる。

 応援していただいた皆さん、ありがとうございました。
 引き続きどうぞよろしく。。。。。


尾野徹の百聞一見連係ブログも読んでね
この百聞一見システムは、カーボン・オフセット・サーバーで運転しています。

[画面最上段を表示]
デモID参照URL: http://www2.coara.or.jp/cgi-bin/demo/read2.pl/02/110010/0375
ハイパーコアラ coara-VI info@fat.coara.or.jp
百聞一見システムについて
百聞一見先頭ページ
[read2.conf]